TDN08-032b \5,990
レムリアン・シード・
ホワイト・ファントム・2
9.0×2.3×1.9cm
一部、錐面など軽く磨きがかけられています。
もともとレムリアンシードはダメージが大きな石であることが多く、凸凹しています。
なので、原石の風合いを残しつつ、軽く磨いてお化粧のように整えられることもあります。
このホワイト・ファントムのレムリアン・シードも、原石の良さを残したままわずかに磨かれたのみのような感じに仕上げています。(なので、ダメージは多少残されています)

レムリアン・シードは伝説の超古代レムリア大陸の人々が、転生しクォーツとなって、現代の私たちにメッセンジャーとして現れたといわれています。
ギザギザのレムリアン・エッジと呼ばれるクォーツの成長線には、そのレムリア人の情報が入っているとも言われています。

このホワイト・ファントムのファントムは、とても端正な雰囲気。すっきりとして形がよく、またレムリアンシードらしい、マットな部分と透明感のある部分のバランスがなかなか良いと思います。

背面が母岩の剥離面っぽくなっていますが、そこと、ホワイトファントムの部分が重なって、ひとつのゲートのような雰囲気になっています。

レムリアン・シードの中でもホワイト・ファントムは、精神的な成長をより深くスピーディーに働きかけてくれるかのようです。
戻る