TDN08-032a \11,500
レムリアン・シード・
ホワイト・ファントム・1
10.7×3.9×3.7cm
一部、錐面など軽く磨きがかけられています。
もともとレムリアンシードはダメージが大きな石であることが多く、凸凹しています。
なので、原石の風合いを残しつつ、軽く磨いてお化粧のように整えられることもあります。
このホワイト・ファントムのレムリアン・シードも、原石の良さを残したままわずかに磨かれたのみのような感じに仕上げています。(なので、ダメージは多少残されています)

レムリアン・シードは伝説の超古代レムリア大陸の人々が、転生しクォーツとなって、現代の私たちにメッセンジャーとして現れたといわれています。
ギザギザのレムリアン・エッジと呼ばれるクォーツの成長線には、そのレムリア人の情報が入っているとも言われています。

このホワイト・ファントムのファントムは、ちょっと薄いので、写真には撮れませんでした。トップの部分をよく見ると、見えるのですが。
それよりもこのクォーツで目にとまるのは、このDTと、ちょっと「おんぶ」しているかのようにくっついている小さなポイントとのバランスなのかもしれません。
DTの一方が大きくどっしりとし、まるで子供を背負っているかのようなこのレムリアンシードは、豊穣を約束する古代のビーナスを思わせます。
レインボーも角度によっては輝いているのが見え、優しく力強い印象のレムリアン・シードです。


戻る