TDN08-010a
ディアマンティーナ産
シンギング・クォーツ・1
H13.1cm、9.3cm
ブラジル、ミナス・ジェライス州のディアマンティーナで採れたクォーツです。
かつてダイヤモンドの採掘で繁栄した都市で、現在、その都市部は世界遺産にも登録されているそうです。

美しいクォーツが多く採れることでも知られていますが、今回のは、石同士をそっと転がしてぶつけ合うと、澄んだ共鳴音をたてるシンギング・クォーツです。

この美しく高い音は、他の天体からの生物が宇宙船に乗って地球にやってきたときには、この音を出すことで道が開ける・・・ともいわれています。



多くのシンギング・クォーツは、手のひらサイズの小さなものが多いのですが、これはシンギング・クォーツにしてはとても大きなサイズ。

このサイズのシンギング・クォーツはなかなかありません。

大きな13cmを超える方は、DTにもなっています。天然石なので、ナチュラル・ダメージや、内包物、母岩の剥離面などがありますが、すがすがしい透明感は、その高く澄んだ音色とともに、心に共鳴を起こすことと思います。

地球が生み出した美しい音色を、ぜひ鳴らしてみてください。

このシンギングクォーツの音色(動画)はこちら→



戻る