PB \5,900
モザンビーク産 クォーツ
7.0×4.9×4.8cm
今年のサンマリー・ショーの石のところで紹介したもののひとつです。
別箱に1個残っていました。

正確に言うと、今年のサン・マリー・ショーで仕入れたものではありません。

もともとは、3年位前に、Pedro Michel氏のカーヴィングようにするか、なににするかどうしようか?ということで仕入れたのですが、とっても綺麗なので、カーヴィングにするのは惜しいし、でもカーヴィングしたらきっと綺麗だろうし(1部は、実際にクォーツの龍になって、店頭にあります)・・・と考えて店の奥深くで眠らせていたら、あら不思議、数年経っていたわ!という・・・そんな話です。(笑)

なので、3年位前に仕入れたといっても、1度もスタッフ以外見たことも触ったこともなかった石。
そして、サンマリーのお披露目の時さえ、どこかに隠されたままだったという・・・

今回、出したのは、今年のサン・マリー・ショーで、このタイプのクォーツがものすごく高価だったから。
あまりに高価で驚いたオーナーは、じゃあ、スペシャル・プライス、3年前のお値段据え置きで・・・ということで、ようやくTianの表舞台に登場したわけです。


色合いは全体的に淡いシトリンカラーですが、ひょっとしたら、オレンジ色の鉄が表面にいくつかあるので、それがクォーツにうつりこんでいるだけかもしれません。
ですが、この石の持つ清涼感や美しさは、心の奥まで光を投げ込んでくれそうです。


戻る

↑ほんのり、全体的にシトリンのようなイエロー