TIAN-J745d ¥3,300

神岡鉱山産
魚眼石付水晶
d


約3.0*2.0*1.3cm

大変稀少な日本産鉱物、岐阜県神岡鉱山の魚眼石(アポフィライト)付き単結晶の水晶です。

神岡鉱山は、岐阜県飛騨市にあった今は閉山された亜鉛・鉛・銀の鉱山です。最初に採掘が始まったのは古く、奈良時代の養老年(720年ごろ)に遡るといわれています。
2001年6月に採掘が中止されましたが、稼働中でも工夫の人たちのみしか中に入れず、ここから二次産出される水晶なども、その頃も今も当時の工夫さんからしか譲ってもらえないという貴重なものです。

こちらは、側面からきれいに白くマットに煌めく水晶のポイントが伺えます。根元を見ると、2本の水晶が付いているツインのようです。表面にはびっしりと細かい水晶と魚眼石の結晶が、ポイントの半分を覆うような形で付いています。 
水晶の単結晶との境目の魚眼石が特に透明感があり、きらきらです。 

見れば見るほど、味わい深い水晶です。

日本産の鉱物は、どれも控えめな印象で、外見こそ小さめですが、とても落ち着いていて存在感は非常に大きいです。


岐阜県吉城郡神岡町 神岡鉱山栃洞坑










戻る